治療内容TREATMENT

ワイヤー矯正との比較

矯正治療を考えるときに比較される、ワイヤー矯正とインビザラインの比較についてご説明します。

ワイヤー矯正とインビザラインの装着モデル模型

ワイヤー矯正とインビザラインの
メリット・デメリット

インビザラインワイヤー矯正
治療
  • 1日20時間以上の装着が必要
  • 自己管理が必要
  • 取外しが不可能なため、自己管理不要で強制的に歯を動かすことが可能
症例数
  • 増えてきてはいるものの、最近開発された治療法のため、ワイヤー矯正と比較して症例数は少ない
  • 昔からある治療法のため、症例数が多く経験を積んだドクターが多いのが特徴
見た目
  • 透明のマウスピースで目立ちにくい
  • 目立ちやすいため、心理的なストレスがある
アレルギー・衛生面
  • 取り外し可能なので口腔内を衛生的に保ちやすい。
    (*食事の時と歯磨きの際)
  • 歯磨きが難しくむし歯になりやすい(*装置の都合)
  • 金属アレルギーの方は不可能
Doctor’s Comment

ワイヤー矯正も良い治療法ですが、社会人の場合、職場や職種的に目立つ矯正装置は難しい方が多くなります。また、ワイヤー矯正は矯正装置に食べ物が引っかかるため、食後の歯磨きが大変です。このような見た目や食事・歯磨きなど毎日の小さなストレスが、インビザラインでは少なくなります。

京都市右京区西院の矯正歯科 いろは歯科西院のドクター

インビザラインの痛み

インビザラインは患者様のデータをもとに、どの歯をどの日数でどれだけ動かすかをコンピューター上でシミュレーション・デジタル計算し、歯にかかる負担が大きくならないようにアライナーを設計します。これが、インビザライン治療中の痛みが少ないとされる理由と言われています。

インビザラインの 失敗するリスク

「マウスピースで本当に歯が動くのかな?」と疑問を感じている方も多いと思います。ここでは、インビザラインの失敗するリスクについてご説明します。

矯正歯科(インビザライン)相談に来たお客様にドクターがアライナーの説明をしている

失敗する最大の原因は 「装着時間が短い」こと

インビザラインは、取り外し可能な歯科矯正です。でも、1日に20時間以上の装着が必要です。つまり、食事・歯磨き以外の時間は装着することで歯を動かします。「まぁ、いいか」という感覚で装着する時間が短くなると・・・。計画どおりに治療が進まず、歯が希望どおり並ばない原因になります。

初めの計画どおりに 歯が動かなくても大丈夫!

初めの計画どおりに歯が動かない患者様は珍しくありません。患者様が装着時間を守ってくださっていても、顎の骨や歯の状態など様々な原因で初めの計画どおりに歯が動かないことがあります。 でも、安心してください。その場合は、再度歯並びのデータを検査して、今の歯並びの状態から新しいアライナーを作成し対応します(※)。これで、狙い通りの位置に歯をきちんと動かしていきます。 治療中に不安や心配ごとがあれば、どうぞ遠慮せずにドクターへご相談ください。

※別途、8,000円/回

失敗するリスクを
最小限にするために

当院では、失敗するリスクを最小限にするために、2つのことに取り組んでいます。

1.リンクチェックから返ってきたシュミレーションプランについて、口腔内を確認したドクターによるカスタマイズを行います。
リンクチェックのプランが全て悪いわけではありませんが、より無理の無い歯の動かし方で、より理想の歯並びや嚙み合わせになるよう一つ一つ治療プランのカスタマイズを行います。

2.チーム制によるプランニング
治療プランのカスタマイズにあたっては、他医院のインビザラインドクターと連携しミーティングを行いながら、複数のドクターのチーム制による治療計画によってより良い矯正治療を行えるようにしています。

京都市右京区西院の矯正歯科 いろは歯科西院のドクターがインビザラインの治療をしている

インビザラインの治療で
見過ごされがちな大切なこと

経験者だからできるサポートが、いろは歯科にはあります。

インビザラインの歯医者を決めるときに、症例数や価格を気にするかもしれません。しかし、もう一つ大切なことがあります。 インビザラインは、自分でアライナーの装着を管理する矯正治療です。しかも、むし歯のように数回通院すれば終了するものではなく、年単位の治療期間です。そのため、「毎日、きちんとアライナーを装着する」という患者様本人のモチベーションがとても大切な治療法です。これは、自分で取り外すことのできないワイヤー矯正との大きな違いです。 安くはない治療費を支払ったのに、途中で治療を続ける心が折れてしまうなら、それはとても残念なことです。 そのため当院では、通院して来られた患者様の話しをよく聞き、悩みや不安、心配を解消し、通院するたびに「これできれいな歯並びになるんだ!!」というモチベーションを強くするよう心がけています。 特に当院のドクターは2人ともインビザライン経験者。治療中の痛みや煩わしさが良く分かります。 その経験を活かして患者様に親切に寄り添い、治療するモチベーションが上がるサポートがあることが当院が選ばれている特徴です。

何歳まで治療OK?

■ 大事なのは、年齢より歯を支える骨の状態。

インビザラインの目安は、おおよそ50歳までと言われています。しかし、治療できるかどうかを判断するうえで大切なのは、年齢より口腔内の状態。特に歯を支える骨の状態です。どうしても年齢とともに歯周病等により骨が下がってきます。そうすると、矯正治療が難しくなります。単純に何歳までならOKという判断ではありません。ご来院いただければ無料で、レントゲンなどの検査で骨の状態を確認し判断いたします。

京都市右京区西院の矯正歯科 いろは歯科西院のドクターがインビザラインの治療をしている

よくある質問

抜歯はありますか?

歯並びの叢生(そうせい)に左右されますが、基本的には抜歯はありません。親知らずは、抜歯をおすすめします。親知らずを抜歯せずに矯正治療をすると、のちのち親知らずがキレイに整った歯並びを乱す可能性があるためです。

痛みはどれくらい感じますか?

痛みは個人差があります。インビザラインは、歯がむずかゆく感じるか、少し痛い程度と言われています。

治療期間はどれくらいですか?

個人差があります。上下全体のインビザラインの場合は、約2~3年。部分矯正のインビザラインGoの場合は、1年半が目安です。

違和感はどれくらいありますか?

装着するマウスピース(アライナー)は、普段どおりに会話できるほど薄くできていますので、大きな違和感はありません。多くの方が1週間ほどで慣れてきます。

社会人でインビザラインをしている人はどれくらいいますか

当院の場合は、約半分の患者様が社会人です。接客業、営業職など人前に出る仕事の方でもインビザラインをされています。

治療中、食事制限はありますか?

装置を外している間は制限はありません。マウスピース(アライナー)を装着したまま、食べ物は食べないでください。また、コーヒーやカレーなどは装置に色移りするので、食後にはよく歯磨きし、舌の汚れも落としてからアライナーを装着してください。飲み物ですが、温度が高いホットドリンクや糖分を含むドリンクは、装置を外して飲んでください。

中学生や高校生でも治療ができますか?

治療ができます。ただし、全て大人の歯になっている必要があります。また、顎の成長も関係してきますので、来院して頂き治療可能かどうかを診断いたします。
(*中学生・高校生の年代で治療を始めた場合、治療期間が長くなる場合があることもご考慮ください。)

「わたしも、キレイな歯並びになりたいなぁ」と思ったら、 無料相談へ、ぜひお越しください。

京都市右京区西院の矯正歯科・インビザライン いろは歯科西院のスタッフ

無料相談はどんなことをするの?

無料相談では、検査・診断だけでなく、不安や疑問点についても納得のいく分かりやすい説明を行います。是非ご来院ください!